矯正治療

子どもの歯並びについて

不正な歯並びを放っておくと…

歯が前後に重なって生えているなど、歯並びが乱れているということ は、ブラッシングが届かない場所ができ、そこに汚れがたまってしまいます。この汚れ(プラーク)をそのままにすると、やがてむし歯や歯周病の原因となるのです。またうまく食べ物をかむことができないことにより唾液の量が減り、口腔内はますます汚れがつきやすくなってしまうのです。そのほかにも以下のような症状を引き起こすことがあります。

  • 発音障害
  • 消化不良
  • 唇や舌から血がでる
  • 歯が折れる、欠ける
  • 顎関節症
  • 口が大きく開けられない

歯並びが乱れる原因は?

さまざまな原因が考えられますが、生えてくる歯に対し、顎が小さいと考えられています。歯の大きさは両親の歯の大きさに遺伝することが多いです。一方、顎の大きさは、遺伝的要因のほかに食生活など後天的要因に影響を受けるといわれています。かむ回数を意識することは、顎の発育に大きく関係してきます。

遺伝的 生まれつきの顎や歯の大きさ、形などにより歯並びに影響を及ぼす。
先天的 母体の栄養状態や成長中での何らかの障害など、胎内で成長している段階での影響。
後天的 生後の病気や栄養状態、指しゃぶりの放置などで歯並びに影響が出ること。乳歯の早期喪失も原因のひとつ。

次に後天的な要因の中で代表的な症状とその影響については以下の通りです。

口呼吸 呼吸は本来鼻でするもの。アレルギー性鼻炎や扁桃腺肥大などで口呼吸になると正しい位置に舌が収まらず、出っ歯やすきっ歯などの原因になります。また、口腔内が乾燥して唾液の量が減少するので細菌が繁殖しやすくなります。
指しゃぶり 指しゃぶりによって継続的な圧力が歯を動かし、開咬や出っ歯の原因になります。また、指の吸引力が強い場合は、上顎の成長を妨げ、奥歯のかみ合わせを乱すことがあります。
舌癖
異常嚥下癖・舌前突癖
指しゃぶりを長期的に続けたり、乳歯が早期に抜け、永久歯が生えてくるのが遅い場合、上下の前歯が開いた状態となり、食べ物が飲み込みづらくなったり、話しずらくなったりします。それを補う為に、前歯の隙間を舌で塞ごうとする働きが生じます。
この働きを異常嚥下癖、舌前突癖といいます。この舌の動きにより発音が悪くなったり、開咬に悪影響が見られることがあります。
指しゃぶりが治っても、この症状が改善されることはなく、きちんとした治療を行う必要があります。
唇をかむ癖 唇をかむ癖により、上顎前突になったり、上顎前突を悪化させることがあります。
丸のみ 咀嚼不足になり、歯列と顎の骨の正常な働き、成長を妨げることがあります。
爪をかむ癖 硬い爪をかみ続けると、歯や歯茎に常に負担がかかり、歯並びを乱す原因になります。
歯ぎしり 歯ぎしりによって歯が摩耗し、かみ合わせがずれることがあります。また顎に負担がかかるため、顎関節症を引き起こすこともあります。
頬杖 成長期に頬杖の癖が続くと、顎の関節をはじめとする周辺の組織の成長を妨げ、顔の歪みやかみ合わせの不具合が生じることがあります。

Eラインのチェックポイントとは?

Eラインとは顔を横から見たときの鼻の先端から顎の先を結んだラインのことです。日本人の場合、このラインより上唇が1~2㎜後方にあるのが最も美しい横顔とされています。また顔を正面から見たときに、顔と顎がずれていないか、口を閉じたときおとがい部(下顎の先)に梅干し状のしわができていないかがポイントになります。

小児矯正の早期治療について

「早期治療を早く始めると抜歯の可能性が低くなる」ということを聞くことがありますが、これは一概に正しいとは言えません。永久歯への生え変わり具合や成長度合いなどによって治療の開始時期は変わってきます。では、早期矯正治療が必要な症状とはどんな症状なのかをまとめてみました。

  • 部分的な治療だけで改善すると思われる症状
    埋伏歯、捻転など。
  • 本格治療まで放置することによって悪化するだとうと思われる症例
  • 機能的に問題がある症状
  • 悪習慣や舌癖など機能的に問題がある症状
  • 本格治療だけでは改善不能な症例
  • 上顎と下顎に骨格的なズレがある症例
  • 狭くなっている歯列弓をわずかに側方拡大する症例

矯正歯科治療の主な流れ

STEP1
初診・相談
かみ合わせや歯並びについて
適切な開始時期や矯正料金の目安について
(30~60分)
3,000円
STEP2
精密検査
歯型、歯並びや顔の写真を撮影
歯や顔のレントゲン撮影
必要に応じて顎関節のレントゲン撮影と顎機能の検査
(60分)
38,000円
STEP3
最終診断
治療方針、治療期間、矯正料金などの説明
患者さんや保護者の方の同意後、治療準備開始

4~9才の方

早期治療
第一段落治療

保定・観察

精密検査・再診断の結果
本格治療へ

軽い不正咬合の場合、終了となる場合もある。

10才以降の方

本格治療
第二段階治療

マルチブランケット装着
(期間 2~3年)

保定・観察

動かした顔の位置を保つ
(期間1~3年)

観察・終了

18才以降の方

詳細はカウンセリングにて

矯正装置について

矯正装置には、取り外しのできるタイプと固定式のタイプなど多くの種類がありますが、一般的には固定装置を使います。代表的なものは、金属製のメタルブラケットや目立ちにくいセラミックがあり、歯の裏側からつけることのできる装置もあります。装置にはそれぞれの特徴があるので、患者さんの年齢、不正咬合の状態・程度、お仕事等を考慮して、使用する装置を選択します。

取り外しのできる装置

顎外固定

主に家庭内で使います。

チンキャップ

フェイシャルマスク

ヘッドギア

固定装置

セラミックブラケット金属ワイヤー

セラミックブラケット審美ワイヤー

リンガルブラケット(歯の裏側に装着)

保定装置

歯の移動を終えた後、しばらくの間は歯が元に戻ろうとする性質があります。
これを防ぐために、動的治療後は保定の為の装置をしばらく使用します。保定装置は取り外しできますので、食事の時などは外します。

保定装置

保定装置(装着時)

Q&A

Q1.矯正は何歳ごろから始めるのがよいのですか?

A.どの人にもあてはまるような年齢はありません。しかし、歯並びの乱れが成長期(8歳~14歳)に著しく認められる場合は、すぐにかかりつけの歯科医師にご相談ください。

Q2.大人でも治療できますか?

A.成人の方でも歯科矯正を受けている方はたくさんいらっしゃいます。最近では、中高年の患者さんも多くいらっしゃいます。

Q3.矯正のために歯を抜くことはありますか?

A.基本的には抜かない治療を心がけますが、とくに凸凹がひどい場合には歯を抜くこともあります。しかし、抜いた隙間が残ることはありません。

Q4.口の中に装置を入れると痛くありませんか?

A.始めて装置をつけた時には、3~4日歯が浮いたような痛みがありますが、我慢できない痛みではありません。その痛みも1週間ほどで慣れます。

Q5.歯科矯正中にむし歯ができたらどうなりますか?

A.むし歯になったら、その部分だけ装置を外してむし歯の治療を行います。その分、治療期間も延びてしまいますので、むし歯にならないように丁寧にブラッシングしましょう。

Q6.治療期間と費用はどのくらいですか?

A.治療内容によって期間や費用は異なります。一般的には動的治療に1~3年、治療後の保定で1~2年程度かかります。費用は歯科医師にご相談ください。