MTM構築・導入セミナー第2回のご報告

サリバテストの結果をみながら、どこに原因を探る鍵があるのかを教えてくれました。
あすなろの歯科衛生士4人と徳本先生で記念撮影。

MTMという予防システムを構築し日本に定着させようとするメンバーのひとりであり、日本中の歯科医院で講習をしている徳本先生によるセミナーの2回目。今回は、メンテナンスの中でも重要な検査となる唾液検査をその後の治療にどのように生かすのか、検査結果をどう見るかという内容の講義となりました。患者さまのことをもっと知りたい。虫歯の原因がその方の場合、どこにあるのか。結果をみて型にはめるのではなく、お話を聞かせていただくことで原因はどこにあるのか追いかけるという姿勢に感銘を受けました。あきらめずに、原因を探ること。唾液の検査は、どこを探ればいいのかを教えてくれる検査なのだと思いました。(院長談)

網代友里恵さん(歯科衛生士)
症例を用いて患者さんの食事の記録一つとっても生活環境、バックグラウンドなど聞いておかなくてはいけないことがたくさんあるとこを知り、歯だけではなく、患者さん自身をよく観察していくことの重要性を改めて痛感しました。 徳本さんの患者さんのように今診させて頂いている患者さんとこれから出会う患者さんにこの歯医者に出会えて本当に良かったと言って頂けるように1回1回のセミナーを吸収していきたいと思います。

池田 蘭さん(歯科衛生士)
唾液検査を行いカリエスリスクを出し、その患者さんごとの予防プログラムを出しているつもりでした。しかし、それは唾液検査結果から考えられるただの予防プログラムであり、患者さん個人個人の予防プログラムではなかったと痛感しました。 特に食事回数については今まで回数にこだわって問診していましたが、回数ではなく時間や摂取の仕方により全く違う予防プログラムができることがわかりました。 また唾液の量についても 患者さんの生活環境をよく聞いてみると、例えばストレスがあったり、食事は早食いだったり、水分はあまり取らなかったりと患者さんと会話をして深く生活環境を伺うことで、今まで見えてこなかった細かな部分もわかるようになりました。 なぜカリエスリスクが低いのにこんなにカリエスができるのか、なぜこんなに処置した歯が多いのか、、、。なぜ?という疑問を私たちがもつことからが始まりだと感じました。

村上明菜さん(歯科衛生士)
今回も前回と同じくあっという間のセミナーでした。 徳本さんの様にリスクを見るには常日頃から口腔内をよく見ることだけでなくその患者さんの背景をも見ることの大切さが分かりました。患者さんとのコミュニケーションをしっかり取ることでその患者さんの人生をまでも変えることができるということを知りまた衛生士の仕事の魅力を感じました。まもなく入社して1年が経ちますがリスクを見るのはなかなか上手く出来ず苦戦ばかりですが徳本さんの真似をしながら少しずつ確実な物にできたらなと思います。患者さんに寄り添いながら仕事をしていきたいなと改めて思いました。

別部文恵さん(歯科衛生士)
今回は、メディカルトリートメントモデルを実践する上で欠かせない、唾液検査についてのセミナーを受けさせて頂きました。大切なポイントは、検査後のコンサルで、ダメ出しやワンパターンにならず、それぞれの患者さんの人生を一緒に考えていく、ということでした。これまで、何百件と結果作成や説明を行なってきましたが、今回吸収したことを今後に生かして行きたいと思います。