予防への取り組み」カテゴリーアーカイブ

スタッフ4名で“保健医療2035”の講習会に参加しました。

6月5日、厚生労働省が提言している“保健医療2035”という活動についてより深く知るために、院長及び歯科衛生士3名で講習会に参加してきました。2035年をめどに日本の保健制度は大きく変わろうとしていることはご存知でしょうか。健康長寿をめざし、日本がこれまで行ってきた保険医療水準は世界に誇れるものでしたが、経済成長の鈍化、人口動態の変化に伴い、社会保障費の急増を危惧する声も少なくありません。当院もその渦中の中でメンテナンスを保険診療内で行っていくことが難しくなり、自費化に向けさまざまな準備を始めております。もはや日本の社会保障費は危機的状況にあり、保健医療制度の持続可能が懸念されているところまで事態は進行しているのです。これまでパッチワーク的な制度改正により部分的な修正を行いつつ運営されてきた日本の保健医療制度は、ここにきて長期的な視点に基づく変革が求められているのです。現在、厚生労働省が行おうとしている“保険医療2035”の目的は、まさにこの長期的視野に基づいており、20年後を視野に入れたビジョンを構築しようとしています。 未だかつて誰も経験したことがない少子高齢社会を乗り越え、日本がさらに発展し、世界に向け新たなビジョンを提言する。その具体的な改革をすすめていくための提言が、“保険医療2035”なのです。まだまだスタートしたばかりですが、講習を聞き、これまでメンテナンス自費化など、保険医療制度の運営問題は主に予防歯科に大きく影響を及ぼすテーマであると考えていましたが、講習を聞いて、歯科だけでなく医科にも、日本国民全員にも深く深く関わってくる問題なのだと改めて感じました。未来永劫変わらない制度はありません。刻一刻と変わっていく状況に合わせて、日本の医療制度も変わっていく必要があるのだと思いました。変わることに不安もありますが、しかしそれは見方を変えればチャンスでもあるという考え方は、非常に励みになりました。〈院長金谷〉
講習会に参加した衛生士3名。左より、村上さん、網代さん、池田さん。

★今回、厚生労働大臣の塩崎恭久氏と共に20年後の保健医療のあり方を検討する厚生労働省の「保健医療2035」策定懇談会の座長を務めた、東京大学教授の渋谷健司先生の貴重なお話を聞く事が出来、日本の平均寿命は、過去70年間で30年以上伸び、1980年代前半からは世界一を保っている。しかし、61年からの皆保険制度の導入により、当たり前と思われている基本的な医療を受けられる当時の状況と現在とでは全く異なり、少子高齢化問題や、財政の危機などを様々な問題がのしかかってきますが、将来的に次の世代に負担を強いる事のないように議論していく必要があると教えていただきました。
「キュア中心」の時代から「ケア中心」の時代への転換、医療の価値の転換が必要であり、渋谷先生は、2035年の保健医療が実現すべき展望として 1.保健医療の価値を高める  2.主体的選択を社会で支える 3.日本が世界の保健医療をけん引する という3本の柱を挙げていました。
私も医療人として、まずは口腔の健康が全身の健康に寄与するという事の重要性を患者さんに理解して頂けるよう毎日の臨床に務めて行きたいと改めて思いました。非常に興味.深いセミナーとなりました。(網代)

★今回の講習会では、“保健医療2035”に向けて渋谷先生や政府等が国民の健康の為より良くなるように準備をしているということがわかりました。渋谷先生のお話は難しく、なかなか理解していくのが大変でしたが、2035年に今回お話して下さったのがどうなるのかとても楽しみです。(村上)

★日本は、保健医療に対してアクセス、費用、質の内、アクセスと費用に対してはクリアしてきた。しかし質より量を重ねてきた日本の保険医療にはほころびが出てきた。それを受け、これまでとられてきた対策は、量の拡大、インプット中心、行政による規制、キュア中心、発散などであったが、今後は2035年をめどに、質の改善、患者の価値中心、当事者による規律、ケア中心 、統合へパラダイムシフトする。それが“保険医療2035”である。2035年のゴールは安心、満足、納得を得ること。その為の基本理念は公平、公正、自立に基づく3つの連帯、日本と世界の繁栄と共生である。 ビジョンは“保健医療の価値を高めるより良い医療をより安く。日本が世界の保健医療を牽引する”というもの。 今回は医科についてであるが、歯科についても同じことが言えると思う。今はこの保健医療2035の中に残念ながら歯科は含まれていない。渋谷先生の言葉としては 歯科は歯科で個々に発言していくことが大切。あちこちでその発言が出て2035の様にチームを組み未来を変えていくとのこと。 正直なところ、私にはとても難しい話でした。起こしている行動や将来像についての考え方は理解できましたが、私はまだその発言に関する知識も技術もありません。だからこそ、私は私ができることを精一杯やることが大切だと感じました。まずはあすなろデンタルケアで行っていること、患者さんのリスク管理などをひとつひとつ確実に行いたいと考えています。(池田)

詳しくお知りになりたい方は、こちらをご覧ください。

大切にとっておきたい!お子様用デンタルケース

16㎝×6㎝×2.4㎝「乳歯ケース」6,480円。問ambitious labo.

あすなろオススメ度 ★★★☆☆

長野に住む木工作家の方が歯科医師と一緒に作った乳歯ケースです。残念ながら現在はソールドアウトの商品ですが、乳歯の大きさに合わせて設計された穴の大きさや深さなど、専門家がみてもこだわりを感じます。昔は下の歯が抜けたら上に、上の歯が抜けたら下に投げて永久歯がきちんと生えてくるようお祈りをするなどといわれましたが、最近では乳歯ケースに保存して大切に保管するご家庭が増えています。こんな違いからも、時代の移り変わりと共に、歯を大切にする気持ちが浸透しているように感じます。(院長談)

セレクトショップ発のTOOTH PASTE

「marvis」全6色。1,800円。

あすなろオススメ度 ★★☆☆☆

今月ご紹介するのは、セレクトショップで発見したイタリア製歯磨き粉です。イタリア、フローレンスで誕生して長年イタリア人に愛されてきたマービスは、デザイン性に優れたパッケージが目を引きます。今回使用したのは、ミントフレーバー。ミントの爽やかな使用感と共に上品なフレーバーが口腔内に残り、他にはない歯磨き粉です。残念ながらフッ素成分が入っていないため、歯磨き後にフッ素塗布をしなければなりませんが、動物実験はせず、人口着色料も使用していないので、安心して使用できます。今回試したアクアティックミントの他、クラシックストロング・ミント、ホワイト・ミント、シナモン・ミント、ジャスミン・ミント、ジンジャー・ミントの全6種展開。少しお高いのが残念です。(院長使用)

アロマの香り付きデンタルフロス

「Rebre」全6色。1,500円。

あすなろオススメ度 ★★☆☆☆

今月ご紹介するのは、“歯の香水”フレーバー付きカラーデンタルフロスです。女性向けにターゲットをしぼり、ビューティグッズとして開発されたデンタルフロスを歯科衛生士網代さんに実際使用してもらいました。まずは率直な感想は?「使用するとすぐに口の中いっぱいにアロマの香りが広がり、口腔ケアと癒しが両立しているなと思いました。ただ使用感としては、正直少し使用時に痛みがありますね。もちろん個人差もあるとは思いますが」ただ、どんなきっかけであれ、フロスを習慣化させることはとても大切だといいます。「よく磨き残しのある患者さんにいうのが、フロスをしないのは、例えばお風呂に入って足の指を洗わないのと同じこと。歯と歯の間、隣接面のケアは、デンタルフロスなくしては絶対にできません。こういう香り付きなどのアイディアグッズをフロスのきっかけにして、徹底したホームケアに努めてほしいですね」

日吉歯科診療所の勉強会に参加

雪がうっすら積もる山形県庄内空港に朝7時着というハードスケジュールでしたが、一日を通して、非常に有意義な時間となりました。午前中の開始は8時50分から。まずは熊谷先生のメンテナンス及びMTMに関する講義を聞きました。どうしてメンテナンスは今後自費にしていかなくてはいけないのか。日本の削っては詰めるという対処療法に重きを置いた歯科医療により、日本人の口腔内が現状どうなってしまい、メンテナンスによりその口腔内をどこまで改善することができるのか。私たちが日々の診療で気になっている事案をエビデンスに基づき納得のいく形でひとつずつクリアにしていってくれました。引き続き、日吉歯科診療所の衛生士の方、小児歯科のドクターが現場で働くスタッフとしてメンテナンス自費化という難問にどう立ち向かっていったのか、具体的な方法の講義がありました。自費化により増えるであろう患者さまの負担のこと、そんなにお金はかけられないという声。それらの悩みは、あすなろ・デンタルケアが現在まさに立ち向かっている問題であり、非常に興味深く話を聞きました。繰り返し話をすること、自費化していくことを裏付ける資料を渡していくこと。日吉のスタッフの方たちがしてきたことはあすなろ・デンタルケアが日々心がけていることとあまり違いはないように思われましたが、自費化により来院が途絶えてしまった患者さんの数は大きく違い、最終的にはいかに患者さんと信頼関係を築いていけるかが鍵になると改めて感じました。一日を通して最も印象的だったのは、海外で日本人の口腔内がいかに危険視されているかという話から、アメリカの歯科医院では日本人の口腔内は、「触ってはいけない」と言われているということです。かぶせ物を一度はずすと、どんな状態になっているかわからないからだとか。いろんな病院で、削って詰めてを繰り返した結果、日本人の口腔内は、歯科治療を全くしない発展途上国よりひどい状態になってしまいました。一度削った歯はもう二度と元にもどることはないのです。あすなろ・デンタルケアは、歯を守り、育てる予防歯科医院としてこれからもスタッフ一同患者さんとの絆つくりに努めようと思います。

庄内空港に向かう機内より。富士山がとてもきれいでした。

朝は晴れていたのにお昼の休憩時間はご覧の通り。寒かったです。

セミナー前のひと時。夕方まであっという間に過ぎました。

始めに。

私は平成8年に歯科医になりました。 当時の私は早く一人前の技術を身につけたいと、神奈川県下で5本の指に入るほど多くの患者さんが通院する大手歯科医院に就職しました。 しかし理想とはかけ離れ、技術的な教育や指導がないまま短時間に多くの患者さんをこなさなければならないいわゆる野戦病院的な環境と、それによって破壊され続ける患者さんの口腔内とに疑問を感じ、このままではいけないと、既存の歯の機能性をより高める矯正治療を専門的に学ぶため神奈川歯科大学矯正科に改めて入学し2年間とその後、指導医の元で およそ3年間研修し矯正治療の基礎と臨床を学びました。 矯正の専門医として独立するか、それとも総合的に家庭医として独立するか迷っている時に出会ったのが予防歯科医として世界的に著名な熊谷崇先生の臨床内容を連載した専門書でした。 何度も繰り返し読んだ後、百聞は一見に如かずだと思い、山形の熊谷先生の医院で行われた講習会に参加し、目から鱗がおちました。「歯科医の目指す真のゴールがやっと見えた瞬間」でした。 その目的を達成するための体系化されたシステムを徹底的に学び、平成17年に三郷予防歯科センターとしてあすなろ・デンタルケアを開院しました。「真の患者利益を提供する」を理念に自信を持って 歯科医療の理想形をご提供します。

院長 金谷 宏樹