フッ素の種類について。

こんにちは、あすなろ・デンタルケア衛生士の別部です。 今回はフッ素の種類についてお話ししたいと思います。 『フッ化ナトリウム』 一般的に広く歯磨き剤に含まれているフッ素で、歯の再石灰化に効果を発揮します。 定期検診のとき、歯科医院で塗る高濃度のフッ素ペーストもこちらです。 家庭で使えるフッ素の濃度の上限が、日本では1000ppm(約0.1%)までと決まっています。 市販の歯磨き剤にはこの表記がないものが多いので、中には100~300ppmのものもあります。 せっかく使っていても、再石灰化の効果が低いのです。 フッ素は塗った瞬間から唾液で薄まってしまうので、歯科医院専売のppm表記がある歯磨き剤が安心ですね。 ちなみに、歯科医院でのフッ素は9000ppm(約0.9%)ですが、表面だけに急激に再石灰化作用が働くので、これだけを毎日塗ってはいけないのです。 しかも、定期検診は1年に3~4回ほど。 残りの360日以上、しっかり家で低濃度のフッ素を塗るほうが効果が上なのです! 『モノフルオロリン酸ナトリウム』 ホテルや旅館に備え付けの歯磨き剤や、安価な歯磨き剤に含まれていることが多いフッ素です。 再石灰化の効果が低いので、あまりおすすめしていません。 『フッ化第一スズ』 ジェルタイプのフッ素です。 使用法は、ブラッシング後に歯ブラシでジェルを塗布し、その後30分以上うがいをしません。 市販はあまりされていないので、歯科医院で購入していただく必要があります。 しかし、再石灰化効果は非常に高く、スズイオンの働きで殺菌効果もあります。 あすなろ・デンタルケアではこのフッ化第一スズをおすすめしています! 注意点として、使い続けるとスズの成分が着色してくることがあります。 着色自体は見た目だけの問題ですが、定期検診で除去したり、研磨剤入りの歯磨き剤をしっかり使って頂いたほうが良いです。 次回はフッ素を使うメリットについてお話しします。