フッ素について。その①

こんにちは、あすなろ・デンタルケア衛生士の別部です。 今回は、虫歯予防に非常に効果の高い『フッ素』についてお話しします。 皆さん、はみがき剤のCMで『フッ素』『再石灰化』という言葉を耳にされたことがありますか? 虫歯というと、歯が黒くなったり、穴が空いた状態を想像される方が多いと思います。 しかし、初期の虫歯は『白』なのです。 なぜかというと、虫歯菌の出す『酸』によって、歯の表面のカルシウムが溶かされ続けることで、だんだん白濁してくるのです。 唾液によってカルシウムは自然に戻りますが、『フッ素』を使えば、もっとたくさん戻ります。 『フッ素』はカルシウムそのものではなく、運び屋さんのような役割をしてくれます。 荷物=カルシウム トラック=フッ素 のようなイメージですね。 ぜひ、はみがき剤のパッケージに『フッ素』もしくは『フッ化ナトリウム』と書いてあるものを使うことをおすすめします。 しかし、『使っているのに虫歯になってしまう!』という方は、せっかくのフッ素が有効に利用されてないのかもしれません。 次回はフッ素の効果的な使い方についてお話しします。